西院駅近くの水泳教室「京都ファミリースイミングクラブ」

お知らせ お知らせ

 【60級制度は心身の発育・発達の成長と技術の向上が見込める進級基準です】

こんにちは、前田コーチです。今回は、運動時の水分補給の大切さについてお話します。

運動するとき、こまめに水分をとっていますか。運動すると体温があがり汗をかきます。普段の生活よりもたくさん汗をかくため、体から水分が多く失われます。特に夏は暑いので、こまめに水分を補給しましょう。また、冬は夏に比べて乾燥して汗が蒸発しやすいので、自分では汗をかいている感覚がありません。真夏以外のシーズンでも安全に楽しく運動するために、こまめに水分をとるようにしましょう。

水分の取り方にはいくつかのポイントがあります。以下のポイントに注意し、水分をとりましょう。
・こまめに水分をとろう!
一度にたくさんの水分をとるとうまく吸収することができません。こまめに水分を摂取するようにしましょう。
・意識的に水分をとろう!
「のどが渇いた」というタイミングで水をとると体の中の水分量が足りなくなる場合があります。運動時は意識的に水分をとるようにしましょう。
・運動した後も水分をとろう!
激しい運動をした直後や翌日は体水分量が減少します。特にこまめな水分補給を行い、リカバリーしましょう。

●運動時の水分補給のコツ
からだの外に出ていく汗等には水分だけでなくミネラルも含まれるので、ある程度の塩分(ナトリウム)が含まれるもの、また1時間以上継続的に運動した場合、疲労予防のため糖質を含んだものが効果的です。具体的に摂取すべき成分量は…
・ナトリウムが40~80mg/100ml入っているもの
・糖質が4~8%含まれているもの
市販のスポーツドリンクのほとんどがこれに当てはまりますので活用しましょう。