西院駅近くの水泳教室「京都ファミリースイミングクラブ」

お知らせ お知らせ

【60級制度は心身の発育・発達の成長と技術の向上が見込める進級基準です】

 

こんにちは、はやしコーチです。今回は、子ども達が家の都合や勉学でスイミングを離れる事にり、最終レッスンで起こった事を話したいと思います。

3週目のテストで、次の週で最後になる子どもに「これで、テストさいごになる…」と言いながら少し寂しそうにする姿が見られました。子どもに寄って感情は様々ですが、「ホントやね、ホントに最後になるん?」と再確認すると小さく頷く姿がありました。無事にテストが終わり、4週目に入るといつも通りのテンションでレッスンに参加してくれていました。そして、レッスンが終わると「コーチ!」と呼び止める声がありました。振り向くと、今回でスイミングを終わる2人がならんで「いままで、ありがとうございます。おせわになりました。」と言ってくれました。急にそう言われたので私もびっくりしました。同時に子どもの成長に大変感動しました。

別の日でも、「コーチ、ありがとうございました。」と子どもが感謝の言葉を言ってくれました。中には、手紙を用意してくれる子もいました。開き絵など手紙に一工夫を入れて渡してくれました。

 

級が上がりクラス変更する子どもの保護者からも感謝の言葉をもらえました。

コーチの仕事を通して、感謝してもらえる事の大切さを改めて痛感しました。子ども達や保護者・会員の方に「よかった」「ありがとう」などを言って頂けることで、コーチとしてのモチベーションが上がり、今後のレッスンへの取り組みもより良くなるように準備を行い子ども達の出席を心待ちにしています。発育発達理論を理解し年齢に応じた適切な指導ができるコーチを目指します。

今月も「全員出席!全員合格!」目指してプールに来てください。