西院駅近くの水泳教室「京都ファミリースイミングクラブ」

お知らせ お知らせ

60級進級制度は心身の発育・発達の成長と技術の向上が見込める進級基準です。

 

こんにちは 今回の担当は はしもとコーチです。

自然舎グループの60級進級制度では、

水慣れ(P11)  クロール(P15)   背泳ぎ(P17)

平泳ぎ(P22) バタフライ(P25)    の順番で取得していきます。

※泳法の 横は スプラッシュノート 記載ページです。

 

今回、ご紹介したいのは、クロールです。

クロールが泳げるようになると、競泳種目としてスタートラインに立ちます。クロールは皆さんもご存じの通りオリンピック種目です。他の競技(アーティックスイミング(シンクロ)、トライアスロン、水球 その他などの)でもクロールを主として行っている競技が多々あります。その基本となる泳法がクロールです。当クラブでは一番最初に学ぶ泳ぎですが奥深い泳法でもあります。

昨日まで行われていた水泳の日本選手権で東京オリンピック代表選手がどんどん選ばれていますよね。オリンピックの際にトップ選手がどのような動きをしているかなど、じっくりと楽しみながら見てはいかがでしょうか。水中映像などもあるのでぜひ参考にしてください。泳ぎの基本動作は同じです。

クロールが泳げるからこそいつもと違う観戦ができるかも知れませんね。皆さんも今後のスポーツへの携わりとしてクロール合格目指して頑張りましょう。当クラブは4月15日(木)から進級テスト週間です。「全員出席!全員合格!」を目標に出席してくださいね。